アウトドア&ミリタリー

タグ:105 ( 2 ) タグの人気記事


アルベルトロード化計画 クランク取り付け編

こんばんは

最近夜蒸し暑くて寝苦しい夜に苦しむかとけんです。



前回、無事にBBが外れたので、その続き・クランクを取り付けていきます。


今回選んだクランクです。
105 FC-5700 53-39T 170mm
f0229574_12235811.jpg



しばらく前の記事にも書いたとおり、105です。
クランクの曲線がたまらないです。

実は、クランクだけ安いFC-4600にしようか迷っていました。ただ、105グレードから採用されているホローテックⅡが気になったので、これにしました。

知っている方も多いと思いますが、ホローテックⅡは、BBのシェルの外にベアリングを配置するシステムです。これによって、ダンシング時のダイレクト感がかなり違うんだとか。

さらに、クランクシャフト・クランクアームが中空になってるため、中実クランクよりも重量当たりの剛性が高いそうです。
※中心部分の素材は剛性UPにはほとんど関係ないため、そこを無くすことで剛性は変えずに重量を軽くするというわけです。


今まで使っていたアルベルトのクランクは、鉄製のシャフトに中までしっかり詰まっていました。シャフトだけで500g(105クランクセットの半分以上)もありましたから、かなり軽量化に貢献してくれるんじゃないでしょうか。




さっそく、組んでいきます。



まず、BBを取り付けます。
ビンボーローディーの間では、BBだけは(だけでも)DURAにするのが一般的ですが、今回は様子見ということで、105で行きます。
ねじ山にしっかりグリスをぬってから、ねじ込みます。(グリスは一応DURAですw)
写真では、スパナタイプの工具を使っていますが、カップタイプの物の方が使いやすいです。(経験談)
f0229574_12243397.jpg




次に、クランクを取り付けます。フロントダブルなのでスペーサーは使いません。
あ、シャフトにもしっかりグリスをぬっておきましょうね。
最後の1センチが入りづらいので、クランクを角材でたたいて(優しく!)入れます。
f0229574_12245611.jpg




そうしたら、反対側のクランクアームも取り付けます。
チェーンリング側のアームと反対に付けます。切り欠きがあるので間違えることはないです。
f0229574_12275088.jpg



はまったら、キャップを取り付けます。
左に写っている物も、一応シマノの工具なんだとか。(200円で買えますが)
シャフトにねじ込みます。脱落・防錆用かな?
f0229574_1228257.jpg



最後に、アームの根本にあるボルトを締めます。
規定トルク?なにそれおいしいの?外れなければ良いんじゃないですかね?
ただし、交互に締めていきましょうね。当たり前ですが。
f0229574_12285077.jpg



おっと、外れ止めの爪を忘れていました。
アームの端の溝から出ている爪を押し込みます。
f0229574_12291190.jpg






完成です。
f0229574_12294571.jpg




なんだかやりがいがありますね。進歩しているような気がします。


ブログ更新はいまいちですがorz


それでは、この辺でノシ


にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
一つだけでも結構です
[PR]

by katochannature | 2013-07-07 12:35 | 自転車・bike

アヘッド化 No.4 ホイールなどなど

前回は完成した写真を貼らずに終わりました。

というのも、あの後ホイールとブレーキを取り付けて終わりだったら、面白くないんです。

だって、ホイールが700cなんだもん・・・











さらっと書きましたけど、ママチャリ改造の中でも「700c化」って結構変態な部類に入るらしいです(笑)

これを、ホイールを取り付けてできましたって言うのはあっさりしすぎかなと思ってこの記事を書くことにしたわけです。






さて、前置きが長くなりましたが、ここから本題です。

今回選んだホイールは、シマノのWH-R501Aです。
一応エアロスポーク仕様です。
数あるシマノのロード用ホイールの中でも、底辺クラスです。

スペックは
重量 FR    1900グラム (実際にはもっとあります)
スポーク数   F20本 R24本
リム高     24ミリ
リム幅     15ミリ

とまあ良いわけではないです。ネットでの評価は安い・重い・丈夫・練習用等々。鉄下駄とか言われてたりします。また、完成車付属のホイールとしても有名です。
でも、ママチャリに付けるんだったらこのくらいで十分だと思います。だって、今まで付いていたアルベルトのホイールは、前後合わせて6.3キロもあるんです(爆)ハブダイナモやインター3が入ってるといっても激重です。ここからの交換だったらさぞかし効果があるんじゃないでしょうか。

さっそくですが、実物を見てみます。

シマノ WH-R501A 8893円なり

f0229574_18353864.jpg


まず、感想ですが、軽っ!!

いくら最低グレードと言ってもロード用ホイールには変わりありません。
ママチャリとは比べものにならないです。

ハブダイナモも付いていないので良く回ります。


とはいっても本当はもっと上のグレードが良かったんですが、今はまだ我慢です。
これでトレーニングを積んで、乗りつぶしたら、さらに上を考えるとします。



今の時点ではフロントだけ700c化することになります。
リアも買ってあるんですが、コンポーネントのことも絡んでくるので、しばらくお預けです。


また、ホイール交換に伴って、タイヤとチューブも交換しなければなりません。
ホイールは廉価版でしたが、タイヤとチューブにはこだわります。費用対効果が高いですから。

まずタイヤ。

パナレーサー クローザープラス 23c 1984円なり (奥に写ってます)

f0229574_18362144.jpg


定価は3550円ですが、実売では2000円切ります。
このタイヤ、安い割には結構評価が高いのです。

まず重さ

f0229574_18371596.jpg



軽いです。カタログスペック通りの210グラムです。
ケブラービードのため、ペナペナです。こんな物で走れるのかと思ってしまいます。



続いてチューブ。

ここは、ハイエンドで行きます。
そんなに高くないですからね。

パナレーサー R'AIR ロングバルブ 1060円なり

f0229574_18384166.jpg


これまた軽いです。
カタログ+1グラムの68グラム。見た感じでは結構細いです。


今回はこの2つの組み合わせで行きます。
ホイールは良い物を選ぶと高いけど、タイヤとチューブは以外と安く良い物が買えるのです。
前にも書いたように、回転部分の軽量化は効果が大きいので、ありがたいです。






ところで、ホイールを700c化して、フォークを変えたと言うことは、今までのブレーキは使えなくなります。ロード用のキャリパーブレーキが必要になります。

ブレーキを交換するということは、コンポーネントのことも考えなくてはなりません。
コンポのことは、アルベルトをロード化すると決めたときからずっと考えてきました。最初のうちはシマノのSORAで良いかと思っていたのですが、予算に余裕があったのと、新型Tiagraが10速化して上位コンポとの互換性ができたことから、Tiagraにしようと思っていました。しかし、調べていくうちに、どうやらTiagraのブレーキキャリパーは剛性不足でブレーキが弱いということが分かりました。そこで、ブレーキキャリパーだけ一つ上の105を使おうかと考えていました。ところが、さらに調べて行くうちに、某ショップでTiagraと105のフルコンポの価格差が1万円もないという状況を見てしまいました。

一万円かぁ・・・

このとき、私の中では、物欲大魔王と節約の神がぜめぎあっていました。

魔王「一万円で上位コンポが手に入るんだぞ!後から変えようとしたらさらに五万かかるぞ」

神「一万円ですよ。この機会に使わずに貯金しなさい」

魔王「上位コンポは耐久性があるんだぞ。長持ちするんだからいいじゃないか」

神「コンポ以外にもお金をかけるところがあります。今はまだ待ちなさい」

魔王「この先フレームを買い換えるかもしれん。それを考えると105が良いぞ。買っちまえよ」

神「だめです。甘い言葉に乗ってはいけません・・・」





うう、どうすれば良いんだぁ・・・ポチッ

f0229574_18393164.jpg




はい。こうなりました。茶番にお付き合いいただきましてありがとうございました。

結局こうなるとは分かっていました。


今回は、ブレーキだけ購入しました。コンポ一式を一度にそろえるのは金額的に無理でした。

残りはコツコツ買っていきます。





それでは組み付けです。

まずはホイールにタイヤをはめるのですが、ビードがふにゃふにゃではまらない(泣)
しばらく格闘して、やっとはまりました。

ブレーキは、フォークに取り付けるんですが、ママチャリとは違ってアーレンキーを使うんですね。ママチャリの時はスパナでナットの角を何回もつぶしていたので、これは便利です。
ただ、フェンダーの取り付けは絶望的です。

あとは、フォークにホイールを取り付けて終わりです。
ブレーキの調節も忘れずに!


それにしても、クイックリリースって最高ですね。
工具がいらない上に、力もほとんどいらないって・・・


いかにママチャリが自転車屋泣かせか分かります。


組み上がりはこんな感じです。暗くてボケてます(汗)

f0229574_18404939.jpg




なんだかだんだんロードに近づいてきました。
これからが楽しみです。

次回はインプレしてみたいと思います。

ではノシ
[PR]

by katochannature | 2013-04-02 18:45 | 自転車・bike