アウトドア&ミリタリー

タグ:ロードバイク ( 3 ) タグの人気記事


ディレイラーを取り付けるには。

こんにちは。

すんごく久しぶりですね。最後の更新が7月ですからね。

実は、うちのPCのVAIOが起動できなくなっていました。たしか、10年以上前に買ったもので音も出なくなっていていつ逝ってもおかしくはなかったんですけどね。
ある日突然、OSがなんちゃらかんちゃら言い出して、そのまま深い眠りにつきました。

修理も考えたんですが、OSがXPで、近いうちにサービスが終了するとのことだったので思い切って8に買い換えました。



それにしても速い!

当たり前かもしれないですけど今までのPCはメモリが768MBで、買い換えたのが8GBですから作業効率がぜんぜん違います。動画もスムーズに見れます。





さて、前置きはさておき、アルベルトですが実は最近はほぼ完成してしまっていて進展がありません。

が、それは実際の話で、ブログでは確かリアの組み立て前で終わっていたかと思います。

知らないうちに続きが気になるというコメントも頂いていたので、早速再開していきたいと思います。



まず初めに、ディレイラーハンガーを自作していきたいと思います。


ディレイラーハンガーを作るにあたって、最初にエンドの形状について考えなければなりません。
そもそも内装ママチャリで使われる正爪エンドにはディレイラーハンガーを取り付けるようなねじ穴やそれを切るような余裕もありません。


内装ママチャリでは、ハブの内部で変速比を変えているため、外装式と異なりスプロケットは1枚しかありません。また、チェーンテンション(アルベルトではベルト)はチェーン引きというパーツで保っています。
穴の開いた部分にリアホイールのシャフトを通し、反対側をエンドに引っ掛けてナットを締めてやることでテンションをかけます。


その一方で、ロードバイクに用いられるストレートドロップエンドや逆爪エンドは、下からシャフトを差し込んでクイックで固定するだけ。チェーンテンションはリアディレイラーで保ちます。エンドにはディレイラーを取り付けるためのねじが切られており、そこにハンガーを取り付けます。




ということは、アルベルトのフレームに直接ディレイラーハンガーを取り付けるのは無理ってことです。

そこで、フレームに取り付けるのはあきらめて、クイックリリースとフレームで挟み込んで保持することにします。





さっそく作っていきましょう。

ガラクタ箱から、アングルの切れ端を拾ってきて大まかな下書きをします。
板の厚さは3mm。重さを考えるとできるだけ薄いほうがいいですが、あんまり薄くするとねじが切れなくなるのでほどほどの厚さにしておきます。

f0229574_16395069.jpg



下書きしたとおりに卓上ボール盤で穴あけします。

この時はホイールのシャフト径に合わせて10㎜で穴あけしましたが、後ほどクイックシャフトの径に合わせたほうがいいことが発覚しました。詳しい事はいずれ書くことにします。

とりあえず、取り付け。こんな感じでフレームとクイックで挟んで固定します。

f0229574_16404020.jpg



うまく取り付けができたので、今度はディレイラー本体を取り付ける穴をあけ、ねじ切りします。

ここで注意が必要なのは、ねじピッチがホームセンターで売ってるタップとは違うということ。ディレイラーはM10 ・ピッチ1.0㎜です。間違ってホムセンでピッチ1.25㎜のタップを買って来ないように。

f0229574_1641792.jpg



さらに、グラインダーで余分な部分を削っていきます。

角みたいな部分は、片方はディレイラーの傾きを調整するねじをかける部分、もう片方はフレームに取り付ける時のズレ防止のための爪です。

f0229574_16413550.jpg



最後に、爪を曲げてフレームにかかりやすくします。


f0229574_16415410.jpg




これで完成です。

ディレイラーにも問題なく取り付けできました。

f0229574_16421332.jpg


f0229574_16422834.jpg




フレームに取り付けてみました。これでディレイラーが使えるようになりました。

f0229574_16424893.jpg




次回は、ブレーキ台座を自作します。お楽しみに。



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
↑ポチっとお願いします
[PR]

by katochannature | 2013-11-23 16:52 | 自転車・bike

アルベルトロード化計画 BB・クランク編

こんばんは。

昨日予告しましたロード化計画。

前の方からやっていきます。


ということで、今回はBB・クランク編です。

今現在、というより元々アルベルトですから、ベルトドライブ専用のクランクが付いています。これをチェーン用のクランクに交換します。それに伴って、クランクのベアリング、すなわちBB(ボトムブラケット)も交換することになります。


そういうわけで、互換性も一応調べておきます。

今回問題になるのは、BBの方です。大きく分けて
・フレームにBBは付くのか
・チェーンラインは問題ないか
この2つです。

後者はやってみないと分からないので、とりあえず前者について考えます。

まず、アルベルトのBBの規格を調べます。
内径とねじの方向から、JISでした。BBでJISならば、シェル幅は68ミリです。










が、





・・・70ミリ、だと・・・



あーどうしてくれるんだ、ブリヂストン。

やってくれるではないか、ブリヂストン



どうしよう、幅が広かったらクランクはまんないじゃん!

なんでこんな異端規格作ったのかなぁ?


とか思っていたんですが、さらに調べると、





・・・シェル幅関係ないやん・・・



そうなんです、実はシェル幅は関係ないんです。

というのも・・・割愛させていただきますが、いけるらしいです。


ということで、いろいろ注文

グレードは贅沢に105でいきます。
f0229574_2037492.jpg





さて、さっそく交換していきましょう!!


ベルトドライブもこれで見納めですね。
f0229574_20405053.jpg



まずは、BB周りを分解します。
慣れたもんで、パパッと外せました。
f0229574_2040986.jpg



そしたら、左ワンを外して、右ワンを外し・・・




外れんっ!!


そういえば、BB掃除の時もそうだったんですが、外れません。

てこを使っても、パイプがけをしても外れません。




しばらく粘ったんですが、全く外れませんでした。

このままでは無理と判断して、行きつけの自転車屋に持って行き、見てもらうことにしました。




そこで、とんでもないことを告げられます。


次回に続く

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
ポチッとは一つでも結構です!

[PR]

by katochannature | 2013-05-17 20:52 | 自転車・bike

アルベルトロード化計画 リアに突入!

こんばんは。

アルベルトロードバイク化計画が新たなステージに移りましたので、いろいろ書いていきます。



前回、フロントフォークの換装とホイールの700c化を行いましたが、今回はとうとうリアとドライブ系のロード化です。

フロントフォークと違って、規格が全く違うということはないんですが、費用がかなりかかります。
そこがネックになっていて、しばらく手を着けられないでいました。
今回、予算が集まったので、いじっていきたいと思います。




まずは、いつも通り下調べです。

今回必要な変更点は
・クランクの交換→BB周辺の交換
・リアホイールの交換→駆動系の全変更(ベルトドライブ→チェーンドライブ)
・ブレーキの交換(ローラーブレーキ→キャリパーブレーキ)→台座をどうするか?
・変速機(RD・FDの取り付け、ワイヤーの取り回し)

こんなところですかね。



とりあえず、根本的に規格が違うということはなさそうです。
ただ、ブレーキをどうするか迷いますね。台座を自作するしかないかな。


とにかく、マイペースにやっていきます。

今回は小出しにしていきますのであしからず


ではノシ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
↑ポチってもらえるとうれしいです
[PR]

by katochannature | 2013-05-16 19:18 | 自転車・bike