アウトドア&ミリタリー

タグ:アルベルト ( 12 ) タグの人気記事


ひとまずフラットバーロードに

こんにちは。かとけんです。

先日のドカ雪も結構溶けてきましたが、その雪解け水による盛大な泥はねに悩まされております。




さて、以前挙げた三つの改造。今回が最後となりました。
ブレーキ・ディレイラーの取り付けが完了しましたので、シフター・ワイヤー類をインストールしていきます。

以前の記事でも書いたとおり、通常ロードバイクにはワイヤーを取り付けるためのワイヤー受け(もしくはフレーム内蔵)があり、それによってトップ・ダウンチューブに沿っている部分はアウターが必要無くなります。また、ワイヤー受けにはアジャスターが付いており、それを使うことでフロントディレイラーのワイヤー調節が出来るようになっています。

しかし、ママチャリフレームであるアルベルトにはそんな機能はありません。ダウンチューブにはかろうじてフルアウターでのみ通すことが出来るスペースがあります。

↓参考:「ALBELT」の下の部分に空間があります。
f0229574_10235426.jpg


防犯登録の下のあたりにワイヤー受けを作る・・・事も考えました。

しかし、受けを作るとなると、フレームに穴開け加工をしなくてはなりません。また、ワンオフでのパーツ製作も必要になります。前回は平面の金属板から切り出しましたが、今回は三次元の加工が必要になるでしょう。やって出来ないことは無いですが、手間とリスクとパーツの重量増加を考えて、今回はフルアウターでいくことにします。

フルアウターにするにあたって、FDの取り付けは出来なくなります。FDワイヤーの張りの調整をするためのアジャスターを取り付けできないからです。ただ、リアディレイラーだけを取り付けた状態で試乗したときには、正直フロントの変速の必要性は感じませんでした。街乗りならばインナーのみで十分です。登り坂~40km/hまではこなせました。したがって、しばらくの間FDは無しでいきたいと思います。それに、アウターが必要になったときは止まって手で変速してあげれば良いだけのことです。
(FDがないことで、チェーン落ちのリスクは高まりますが、今回は目をつぶります。)


また、今回は予算がないのでドロップ化は出来ません。それに伴いブレーキは今までの物を流用しますが、STIの代わりになるシフターを用意しなければなりません。フラットバー対応の10sシフターもありますが、フラットバーはあくまでもかりそめです。そこで、こんな物を用意しました。

f0229574_18043611.jpg

これは、農機用のスロットルレバーです。確か1000円しなかったと思います。スロットルレバーの役目はその名の通りスロットルワイヤーを引いてそのままの位置をキープする事です。従って、同じようにリアディレイラーワイヤーを引いてそのままキープする事も出来るはずです。

また、今回使用するワイヤーも仮の物です。

とりあえずフラットバーで使う間役目を果たしてくれればよいので、100円ショップのママチャリ用ワイヤーで代用します。ブレーキレバーはそのままですから、タイコ形状は問題ありません。

f0229574_13072764.jpg

また、リアブレーキはフレームの形状から、トップチューブに沿わせることができません。スタイリッシュにするために、一度ダウンチューブに沿わせてからBB下で曲げて、シートチューブに沿って結束バンドで固定します。最後に、シートチューブとシートステーの合流するところでまた曲げて、ブレーキに接続します。この間、ケーブルを90度以上曲げる箇所が二か所発生しますので、下のVブレーキ用ヌードルを使って曲げます。大きなカーブが二か所あるのでリアブレーキのフィーリングは悪くなってしまいますが、まあ、構造上仕方ないので妥協します。

f0229574_13060461.jpg
これで今回の作業は終了です。
ホイール、コンポーネントのロード化が完了しました。これで、短距離ならばロードと対等に走れるのではないでしょうか。
f0229574_13061656.jpg


いえ、走れました。詳しく書く予定はありませんが、実はまともなロードバイクに混ざって福島~仙台間往復サイクリングを無事完走しています。アウターが手動だったので、下り坂では足が回りすぎてしまっていましたが、それ以外は遜色なく走ることができました。



さて、今回はここまでです。
自転車ネタはまだまだあるので、これからもお楽しみに。




[PR]

by katochannature | 2014-03-14 13:29 | 自転車・bike

ブレーキ台座作ってみた

こんにちは。かとけんです。

タイトルがニコ動っぽいのは投稿者がニコ厨であることとは一切関係ありません。


さて、しばらく書いていなかったのでどこまで進んだかすっかり忘れていましたが、たしかブレーキからでしたね。

通常、ロードバイクのリアブレーキはシートステーの上部にブリッジを作り、そこに取り付けます。
実は、アルベルトにもそのブリッジらしきものがあります。

↓これ
f0229574_11291347.jpg


ここに穴をあけて、ブレーキを取り付けたら、完成です。







しかーし!実際にブレーキを置いてみると・・・

シューがリムに届かないorz
f0229574_11311591.jpg



こりゃ無理です。
届かないものは届かない。諦めよう。

















んなわけないです。ちゃんと自作します。

ブレーキシューがリムに届かないので、ブレーキ取り付け用の穴をホイールに近づける金具を作ります。

ホームセンターで適当な大きさ・厚さのアルミ板がお手頃価格で売っていたので、これを使います。
f0229574_1823244.jpg


これを、だいたいの形に切り出します。
けがき線より外側にドリルで穴を開けていきます。
f0229574_1825318.jpg


切り離します。
f0229574_18255325.jpg


グラインダーを使って形を整えていきます。
f0229574_18272385.jpg



あとは、端をフレームに合わせて切り落とし、フレーム取り付け用の穴・ブレーキ取り付け用の穴を開けて完成です。



取り付ける前に、フレーム側にも細工をしておきます。
元々鍵がついていた場所にある金具を削って外します。
f0229574_1834197.jpg



早速フレームに取り付けてみました。
f0229574_18344345.jpg



ブレーキシューもなんとかリムに届くようになりました。
見た目は・・・ですが、機能的には問題ありません。これでリアブレーキは取り付け完了です。



だんだんロードっぽくなってきたような気がします。
f0229574_18384046.jpg



それでは、今日はこの辺で。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
↑こんなバナーもありました
[PR]

by katochannature | 2014-02-21 18:40 | 自転車・bike

ママチャリには無いもの

こんにちは

さっそくですが、なぞなぞです。

「ロードバイクにはあって、ママチャリに無いものはなーんだ」















正解は、
1,ディレイラーハンガー
2,Rブレーキ台座
3,アウター受け
でした。


ママチャリをロード化するにあたって、このほかの物はポン付けだったり、ちょっと削ったり広げたりするだけで上手くいくことが多いんですが、この3つだけはどうしようもありません。だって、そもそも無いんですから。


普通だったら、「やっぱりママチャリとロードは根本的に違うんだなー」と思ってあきらめてしまうところです。





え、私はどうかって?

やりますよ。もちろん。

「どうしてそこであきらめんだよ!」(M,S氏)
って言われそうですしね。



ということで、組み立ての前にこの3つの問題を何とかしていきます。



一応、方針は(H,O氏風に)

Q:どうするの?

A:作るでしょ!

Q:だれがやるの?

A:君だよ!!

という感じで(笑)

※テンションがおかしいのは3連休なのにどこにも行く予定がなかったからです(泣)


まずは1,ディレイラーハンガーからやっていきますか。

長くなりそうなので、1回この辺で切ります。

ではノシ


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
↑いつ押すの?今でしょ!
[PR]

by katochannature | 2013-07-14 17:24 | 自転車・bike

アルベルトロード化計画 リアホイール編

暑いです。とにかく暑いです。
最近の気温はどうなってしまったんですかね?

かとけんです。



今回は、リアホイール取り付けの準備をします。

使うのはもちろん、WH-R501A
f0229574_19282238.jpg



タイヤは付いていますが、スプロケがまだ付いていません。

ということで、さっそく付けていきます。


もちろん取り付けるスプロケも105です。

ギア比でかなり迷ったのですが、ヒルクライムとダウンヒルもやりたかったので、12-27を選択。
f0229574_19291799.jpg




取り付けは意外とカンタンです。
切り欠きを合わせてハブにスプロケを通していくだけです。

一応わかりやすく説明すると、

スペーサーを通します(10速で使用する場合)
f0229574_19294058.jpg



スプロケをはめるところにある山の幅が狭くなっているところ(画像の中心)
f0229574_1930953.jpg


と、ギアの切り欠きで他よりも幅が狭いところ(2時方向)
f0229574_19303050.jpg



を合わせてはめていきます。

こんな感じ
f0229574_19305392.jpg



最後に、ロックリングを取り付けます。
f0229574_19311358.jpg



取り付けには、専用工具のロックリング回しとスパナorレンチを使います。
f0229574_19313720.jpg




QRを外して、ロックリング回しを差し込んで締めていきます。どこまでも締まっていきそうですが、壊さず外れずくらいまで締めます。
あ、トルクレンチがある方は、そっちを使った方がいいですね。
f0229574_19315725.jpg



できあがりです。
f0229574_19323181.jpg



これで、リアホイールの取り付け準備ができました。


そろそろ組み立てかな?

ではノシ


にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
暑いと思ったらクリック!
[PR]

by katochannature | 2013-07-12 19:35 | 自転車・bike

アルベルトロード化計画 クランク取り付け編

こんばんは

最近夜蒸し暑くて寝苦しい夜に苦しむかとけんです。



前回、無事にBBが外れたので、その続き・クランクを取り付けていきます。


今回選んだクランクです。
105 FC-5700 53-39T 170mm
f0229574_12235811.jpg



しばらく前の記事にも書いたとおり、105です。
クランクの曲線がたまらないです。

実は、クランクだけ安いFC-4600にしようか迷っていました。ただ、105グレードから採用されているホローテックⅡが気になったので、これにしました。

知っている方も多いと思いますが、ホローテックⅡは、BBのシェルの外にベアリングを配置するシステムです。これによって、ダンシング時のダイレクト感がかなり違うんだとか。

さらに、クランクシャフト・クランクアームが中空になってるため、中実クランクよりも重量当たりの剛性が高いそうです。
※中心部分の素材は剛性UPにはほとんど関係ないため、そこを無くすことで剛性は変えずに重量を軽くするというわけです。


今まで使っていたアルベルトのクランクは、鉄製のシャフトに中までしっかり詰まっていました。シャフトだけで500g(105クランクセットの半分以上)もありましたから、かなり軽量化に貢献してくれるんじゃないでしょうか。




さっそく、組んでいきます。



まず、BBを取り付けます。
ビンボーローディーの間では、BBだけは(だけでも)DURAにするのが一般的ですが、今回は様子見ということで、105で行きます。
ねじ山にしっかりグリスをぬってから、ねじ込みます。(グリスは一応DURAですw)
写真では、スパナタイプの工具を使っていますが、カップタイプの物の方が使いやすいです。(経験談)
f0229574_12243397.jpg




次に、クランクを取り付けます。フロントダブルなのでスペーサーは使いません。
あ、シャフトにもしっかりグリスをぬっておきましょうね。
最後の1センチが入りづらいので、クランクを角材でたたいて(優しく!)入れます。
f0229574_12245611.jpg




そうしたら、反対側のクランクアームも取り付けます。
チェーンリング側のアームと反対に付けます。切り欠きがあるので間違えることはないです。
f0229574_12275088.jpg



はまったら、キャップを取り付けます。
左に写っている物も、一応シマノの工具なんだとか。(200円で買えますが)
シャフトにねじ込みます。脱落・防錆用かな?
f0229574_1228257.jpg



最後に、アームの根本にあるボルトを締めます。
規定トルク?なにそれおいしいの?外れなければ良いんじゃないですかね?
ただし、交互に締めていきましょうね。当たり前ですが。
f0229574_12285077.jpg



おっと、外れ止めの爪を忘れていました。
アームの端の溝から出ている爪を押し込みます。
f0229574_12291190.jpg






完成です。
f0229574_12294571.jpg




なんだかやりがいがありますね。進歩しているような気がします。


ブログ更新はいまいちですがorz


それでは、この辺でノシ


にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
一つだけでも結構です
[PR]

by katochannature | 2013-07-07 12:35 | 自転車・bike

アルベルトロード化計画 BBはいかに?

こんばんにちは

1ヶ月ぶりですね。

先月はこれまた忙しかった・・・
一番最後に、六魂祭2日目の事書いてずっとほったらかしにしてました。

ブルーのことも書く予定だったんですけど、あれから撮影した動画データを取り込み・編集しようと格闘したのですが、うちのビデオカメラの動画の形式がWindowsムービーメーカーに対応していなくて、あえなく挫折しておりました。
いまさら感もかなりあるので、今回はお蔵入りということで(爆)



さて、六魂祭よりもさらに前のアルベルトのロード化計画、BBがぁーとか叫んだままで終わっていましたが、それの続きです。




BBが外れなかったアルベルトは、そのまま行きつけの自転車屋に担ぎ込まれました。

店員さんは、「あ、BBですね。ちょっと待っててください。すぐ外れますから・・・」

かとけん:「んならここまで持って来んわ!!」とか心の中で叫びつつ、作業を見守っておりました。


で、もちろんBBは外れません。家でパイプがけしてもムリだったもんね。



店員さんも、これはムリだ、と悟ったらしく、奥に引っ込んで何かしていました。



それから5分後、店長さん登場!
そのほかの店員さんとなにやら会議を始めました。



そして

「外すことはできるのですが、場合によってはフレームが二度と使えなくなります。よろしいですか?」



「へーそうなんですか。それじゃあ分かりましt・・・ってぬわにー どゆこと!!


ここで、店長さんから病状の説明
「BBの中でワンが割れてしまっていて、ねじが変形しているんです。こんなのは滅多にないですね。こんなにするなんて、すごい脚力ですね。」

ってほめなくてもいいんすけど。


要するに、「ワンが割れてて取り出すときにBBのねじ山が死ぬかもしれんよ。それでもいい?」という感じ。


おいおい、そんなに重傷だったのかい!とかつっこみつつもやってもらいました。


だって、もし失敗してもアルベルトのフレームもう一つあるもんね(爆)




そんなこんなで、作業が始まりました。
使うのは、ガスバーナー・インパクトレンチ(車用)・オイルスプレー

っておかしい物ばっかりなんですけど、、、


で、見てると

バーナーでワンを加熱して、熱くなったワンにオイルスプレーをかけるんです。そしてあとはひたすらインパクトレンチで少しずつワンを回していくんです。

なるほど、アルミと鉄の熱膨張の差を利用しているんですね。さすがプロです。まったく思いつきませんでした。



それから20分後

f0229574_18431243.jpg




やったー!外れました。
分かりますか?ねじの真ん中に亀裂が入っています。


どうやらBBのねじ山も無事なようです。


すばらしい。街の自転車屋にこんな技術があったなんて。

ちなみに、店長さん曰く「めんどくさい作業だから、顔なじみじゃなきゃやらなかった。」とのこと(笑)



とにかく、これで無事にロード化を進められそうです。

とりあえず、今日はこの辺で


次回は、クランクの取り付けです。お楽しみに。


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
↑ポチッ!
[PR]

by katochannature | 2013-07-01 18:46 | 自転車・bike

アルベルトロード化計画 リアに突入!

こんばんは。

アルベルトロードバイク化計画が新たなステージに移りましたので、いろいろ書いていきます。



前回、フロントフォークの換装とホイールの700c化を行いましたが、今回はとうとうリアとドライブ系のロード化です。

フロントフォークと違って、規格が全く違うということはないんですが、費用がかなりかかります。
そこがネックになっていて、しばらく手を着けられないでいました。
今回、予算が集まったので、いじっていきたいと思います。




まずは、いつも通り下調べです。

今回必要な変更点は
・クランクの交換→BB周辺の交換
・リアホイールの交換→駆動系の全変更(ベルトドライブ→チェーンドライブ)
・ブレーキの交換(ローラーブレーキ→キャリパーブレーキ)→台座をどうするか?
・変速機(RD・FDの取り付け、ワイヤーの取り回し)

こんなところですかね。



とりあえず、根本的に規格が違うということはなさそうです。
ただ、ブレーキをどうするか迷いますね。台座を自作するしかないかな。


とにかく、マイペースにやっていきます。

今回は小出しにしていきますのであしからず


ではノシ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
↑ポチってもらえるとうれしいです
[PR]

by katochannature | 2013-05-16 19:18 | 自転車・bike

アヘッド化 No.3 組み立て編

お待たせしました。やっと組み立て編です。

ここ最近旅行だスキーだで忙しくて軽く放置気味になってました。


さて、前回集めたパーツを組んでいくわけですが、ヘッド周りは手が掛かるんです。なんて言うか「精密な力業」なるものが必要です。まあ、命を預ける部分でもあるのでしかたないですが・・・



まず、前のフォークを外していきます。26インチ用のフォークに自作の金具を付けて使っていました。
根本から曲がってしまっています。

f0229574_17264955.jpg



慣れているのでパパッと外せました。



組み立ての前に、新しいフォークで仮組みしてみました。

うーん。カーボンのほっそりとしたシルエットとロゴがたまりませんなぁ

f0229574_17272432.jpg



ただ、ダウンチューブとのクリアランスが気になります。ちょっと狭いかな。フェンダーを付けるのは厳しいかも・・・

f0229574_17274622.jpg







それでは、組んでいきます。

最初に前のヘッドパーツを外します。
ヘッドパーツは圧入されているので、たこさんウインナーのような工具を使って外します。ただ、この工具はそこそこの値段がする割には出番が少ないので、自作してしまいます。

先ほど外したフォークのコラムを切って、縦に切り込みを入れるだけです。

f0229574_1728448.jpg



これを、ヘッドチューブに挿入してヘッドパーツの淵にかけて、反対側をハンマーでたたいてやります。すると、じわじわと外れてきます。


↓外れました

f0229574_17282879.jpg




ここで、前にも書いたようにITAのヘッドを使えるようにチューブの内側を研磨していきます。

JISのチューブ内径は30,0mmです。

f0229574_17295718.jpg


ここを紙ヤスリで磨いて30,2mmにします。ちょっとわかりにくいかな。

f0229574_17303645.jpg




次に、ヘッドパーツを圧入します。

ここでも専用の工具を使うんですが、かなり高いのでこれも自作してしまいます。そもそもヘッドパーツの交換なんて人生で何回やるんでしょうねぇ?それを考えると自作で何とかしたくなってしまいます(笑)

まあ、同じように考える人もたくさんいるわけで、「ヘッドパーツ 圧入 工具」で検索すると、作り方がたくさんヒットします。今回はその一つを参考にさせてもらいました。

用意する物は
・寸切りボルト
・長ナット
・異径パイプ継ぎ
だけです。

それをこのように組み合わせます。

f0229574_17305693.jpg


実際に圧入するときは、下のようにヘッドチューブとヘッドパーツを工具で挟んでねじを締めていきます。

f0229574_17311521.jpg


ねじが締まることでパーツが圧入されるんですが、このときにチューブに対してパーツが垂直に入るようにします。簡単そうに聞こえますが、これがとっても難しいのです。


圧入できました。

f0229574_17322591.jpg





次に、フォークの方にも加工をしていきます。

下玉押しという、下側のヘッドパーツのベアリングに当たるパーツを圧入します。リング状のパーツです。これもまた検索すると前例がたくさんあります。通常はパイプとハンマーを使って入れていくんですが、今回はパイプとステムとプレッシャーアンカーを使ってやってみました。

書くと面倒なんで、画像でイメージしてみてください(笑)

f0229574_17325399.jpg



はまりました。ちょっと見にくいかな。

f0229574_17333710.jpg




さて、これで圧入系の作業は終わりました。
最後にコラムカットをします。

仮組みして、切る位置を決めます。

できるだけ前傾にしたかったので、コラムスペーサーは入れません。
(ママチャリのジオメトリだと、あまりきつい前傾は出せないのです)

f0229574_17343261.jpg

(画像ではヘッドパーツのカバーが抜けていますが、後から取り付けました。)


切る位置の目安は、ステムを取り付けた状態で、ステムの上側の淵から8ミリほど短くします。これは、プレッシャーアンカーとトップキャップを取り付けたときに、隙間がないとはまらないからです。

位置が決まったら、金鋸で切ります。本当はソーガイドを使うんですが、面倒だったのでクランプだけで切ってしまいました(笑)

ただし、ここで注意しないといけないのが、パイプカッターは使ってはいけないということです。パイプカッターを使うと、切断面の外径が太くなってしまうので、はまらなくなります。どうしても使わないといけない場合は、内側と外側をヤスリで削ってください。

切れました。

f0229574_17354621.jpg



あとは、プレッシャーアンカーを差し込んでロックし、ステムとトップキャップを取り付けて終了です。




これでフォークの交換は終わりました。

この後にホイールを取り付けますが、それについてもちょっと書きたいことがあるので、今回はここまでにしておきます。

ではノシ
[PR]

by katochannature | 2013-04-01 17:40 | 自転車・bike

アヘッド化 No.2

前回は、アヘッド化するための規格の互換について書きましたが、今回はそのパーツの調達編です。


まず、フォークから
OSのフォークであふれている中で、細々と続いている1インチのフォークですが、その中でもカーボン製のモノはごくわずかです。さらに、JISとなると、もう皆無です。個人輸入で手に入れるしかなくなってしまいます。しかし、ITAのものは、ヤフオクで1.2個出品されていることがあります。

さて、さっそくヤフオクに行って落札してきました。

TRIGON 1インチITA カーボンフォーク  13000円なり(送料等込み)

f0229574_16205872.jpg


コラムはアルミ製です。これは強度的な問題ですね。1インチでカーボンだったら、すぐ折れそう・・・

重量は515グラムでした。この後コラムカットをしたので500グラム弱になりました。
今までのフォークは1キロ近くあったので、かなりの軽量化になるでしょう。

f0229574_16214674.jpg





次に、ヘッドパーツです。1インチITAは少ないので、探すのが大変でした。

TANGE NB-1 ヘッドパーツ 1インチITA  4252円なり

f0229574_16222394.jpg


写真の中央には、プレッシャーアンカーが写っていますが、これはスターファングルナットの代わりです。
ナットを上手く圧入できる自信がなかったので、これにしました。プレッシャーアンカーならアーレンキー1本で固定できて、やり直しもきくので安心です。その反面、重くて高いというデメリットもありますが・・・



ステムは、半年前のなんちゃってアヘッド化の時に買ったものを流用します。
ポジションを出すために突き出しが120 mmのものを使います。


そのほかにもいろいろ購入しました。

分かる人には分かると思うんですが、どさくさにまぎれて700c化もしようとしてます。

f0229574_1624273.jpg



これ以外にも、近くのホームセンターで小物類を買いました。


さて、必要なものがそろったので、次回からは組み立てていきます。

今日はこの辺でノシ
[PR]

by katochannature | 2013-02-23 17:58 | 自転車・bike

遅くなったけど(汗) リア編

こんばんは。そしてお久しぶり。

いつも通り、更新が遅れています(笑)

さて、しばらーく放置していたリアの修理をお送りします!


(前回の記事が全く説明になってなかったので)
事後報告みたいなかんじで書いてきますwww



リア編

リアの修理では、ベルトやチェーンを外すため、作業が複雑になり、調整も必要です。自信がない方は店に任せるのが無難です!


まず、オーバーロックナットを外します。
変速機も外します。
ベルトも外します。
ブレーキも外します。
リアホイールも外します。
↓こうなります
f0229574_2226938.jpg


そして、フロントと同じようにスポークを直します。
組み立てます。

チェーン引きでベルトのテンションとタイヤの向き調整をします。



以上

みじかっ!

って自分につっこみたいですが・・・

写真がないのでどうしようもないです。


まぁ、リアはこんなかんじで直しました。


[PR]

by katochannature | 2012-05-19 22:33 | 自転車・bike