アウトドア&ミリタリー

カテゴリ:造る・making( 3 )


アルミ→ホタテ?

とうとう福島でも初雪が観測されました。

本格的に冬になってきました。


さて、そんな寒さにも負けず、どんどん造っていきます。

この前までは、七輪でアルミを溶かしてましたが、とうとう七輪が逝ってしまいました。

ということで、新しいかまを用意しました。

ジャ~ン・・・・・   
f0229574_22231257.jpg


あっ、間違えた  ・ ・ ・  こっちでした↓
f0229574_2228431.jpg


はい、レンガと単管で作った物です。
チョ~テキト~ですが、一応燃えてくれます。

まあ、準備ができたので、さっそく始めます。

とりあえず、火をおこして・・・
f0229574_2232478.jpg


適当に溶かせる物を溶かします。
f0229574_2234459.jpg



おっと、ここで、例のインゴットが登場します。 (穴だらけなのは仕様です)
f0229574_2235577.jpg


そして、これを溶かしてもっと大きいインゴットを造ります。が、風が強くなってきたので、やむを得ず中断。

どうしようもないので、余熱でホタテを焼きました。
f0229574_2240764.jpg


やっぱりホタテは醤油に限る!
f0229574_22414647.jpg


まあこんなかんじでおいしくいただきました。

この調子だといつ終わるのやら・・・トホホ
[PR]

by katochannature | 2010-12-09 22:45 | 造る・making

鋳造してみた(い)

ここ最近、朝方冷え込むようになってきました。布団と同化したいと思うことが良くあります。←おかしい!

さて、この頃アルミ缶がゴミでなく、資源(金?)に見えるようになってきました。←やっぱりおかしい!

そんなわけで、何かアルミ缶から造っていきたいと思います。


ということで、アルミ缶を・・・  ってないじゃん

しかたなく、自販機の横にあるゴミ箱から盗ってきました取ってきました。

これで、材料?がそろいました。

さっそく始めます。

まず、七輪を用意します。そして、炭と灯油を入れて、ファイヤーします。

f0229574_21162940.jpg


ちょっと灯油を入れすぎたみたいで、爆発しています。(爆!)

f0229574_21175741.jpg


そして、ドライヤーで空気を送ります。

f0229574_2119041.jpg


そこに、最近買い換えて使わなくなった炊飯器の釜を置きます。
ただ、コーティングがしてあるので、少し空だきします。
(いやな予感が・・・)

f0229574_21213350.jpg


当たってしまいました!

じつは、釜がアルミだったんです!そりゃとけるわっ(笑)

f0229574_21234638.jpg



気を取り直して、100均のステンレスボウルを買ってきました。これなら溶けません。

ということで、ここにアルミ缶を入れていくわけですが、肝心なアルミ缶を忘れてきてしまいました。

しかたなく、もらったアルミ線でやってみることにします。

おもしろいことに、どんどん溶けます。

f0229574_21294763.jpg


ついでに、どこからか持ってきたインゴットも入れます。

f0229574_21302661.jpg


さて、いい感じに溶けましたが、表面に酸化皮膜ができています。これを、丁寧に取ります。

f0229574_21322437.jpg


そして、これをインゴット風に型に流し込みます。

型は、コンクリートと煉瓦で適当に作りました。

f0229574_21344484.jpg


こんなかんじになりました。

ただ、かなり熱いようで、しばらくの間は赤かったです。

f0229574_21361742.jpg


しばらくして、冷めたらブロックを取ります。

f0229574_21372213.jpg


いい感じにできているように見えますが、実は悲惨なことになっています。

その真相は次の更新で・・・・・
[PR]

by katochannature | 2010-11-18 21:39 | 造る・making

100円ライターのうそ 

先日、大手100円ショップダ*ソーに行ったときに、どうでもいいようでどうでもよくないことを見つけました。
これは、100円のチャッカマンです。何か気づくところはありませんか?といっても気づかないと思います。
f0229574_22533349.jpg

これでわかりますか。
f0229574_22544345.jpg

だからどうした!ただの充填式チャッカマンじゃないか、と思われるでしょう。しかし、これを見てください。
f0229574_2257531.jpg

使い捨てと書いてあります。実際に見てみると、あらら・・・
f0229574_22584744.jpg

ガス注入口がふさがれてしまっています。ということで、ここからガスを注入できるように少し加工します。
まずは、分解します。
f0229574_2315117.jpg

そして、ドリルで直径5ミリの穴をあけます。
f0229574_23333583.jpg

これで、ガスが注入できるようになりました。

世の中には、本当でないこともたくさんあります。みなさんお気をつけて!
[PR]

by katochannature | 2010-04-11 23:27 | 造る・making