アウトドア&ミリタリー

カテゴリ:登山・climbing( 5 )


白い谷地平

こんばんわ。

最近とっても忙しくてブログがほーちされています。←いつも通り(笑)


さて、話変わりまして
先々月の4月29日ー30日に、谷地平に行ってきました。

っということでレポートです!



今回は、浄土平から登りました。
f0229574_2132893.jpg


雪の上をひたすら歩いていきます。
姥ヶ原でちと休憩。
f0229574_21324877.jpg


姥ヶ原を過ぎると、針葉樹林が続きます。
f0229574_2136451.jpg


また、4月の終わりなんですが、残雪が多くて、

てくてく・・・スポーン・・・抜けない(泣)

みたいなことが何回かありました。


そんなこんなで2時間ほど斜面を下っていくと・・・
f0229574_21371667.jpg

(注:この辺からレンズが汚れてます)

着いたー!
約一年ぶりの谷地の避難小屋です。
f0229574_21401849.jpg


今回は先客さんがいたので、野営します。



テントを張った後、ちょっと散歩に行ってきました。
谷地平といわれるのは、そこが盆地になっているからですが、雪があるとそれがよく分かります。
↓こんな景色が360度広がっています。
f0229574_21442746.jpg



近くには、川が流れています。
雪の下をくぐってきた流れです。
f0229574_2217023.jpg


さわってみると、つめたっ!

水温を測ってみると、なんと
マイナス2.1度!
f0229574_2284076.jpg

なるほど、流れる水は凍らないのですな~


さーて、この日は少し疲れたので、さっさと寝ました。




そして、次の日、朝食を作っていると、同行していたRくんが

釣ってきました!ちょっと小さいかな。
f0229574_2148628.jpg



そして、10分後・・・

また釣ってきました!今回は大きい!
f0229574_21493391.jpg


そういえば禁漁じゃなかったかな~?
なーんて考えながら、この魚をどうしようかと考えていたら、
小屋に泊まっていた先客さんが、魚焼き器でほっけを焼いていました。

っていうことで、
かとけん「おいしそうですねー」
おじーさん「でしょ」
かとけん「いやー、イワナ釣れたんですよー」
おじーさん「おー、すごいね!」
かとけん「あのー、焼き器貸してもらえませんか?」
おじーさん「いいよ!」
かとけん「ありがとうございます!キター

こんな会話を経て、焼き器と塩をゲット!

適当におどり串(?)を打って焼きました。
f0229574_21573993.jpg


おいしそう、というかおいしかったです。

・・・そうえいば、焼き器の下が気になる・・・
f0229574_21584810.jpg


これ、大ブスじゃないですか!
初めて見ました。
たしか正式名称はPHOEBUS625だったかな。

寒い中でもがんがん燃えていました。
さすが、液燃ストーブ!
f0229574_2214865.jpg


とまあこんな具合で1人で勝手に感動してました。

さて、食後に、おっきい方もかねて、すこし散歩しました。

春の訪れを感じさせるような光景も

ふきのとう
f0229574_225169.jpg


ミズバショウ
f0229574_2255664.jpg



そのあと、撤収して昨日来た道を戻っていきました。
そうえいば、姥ヶ原は雪が少なかったかな。
f0229574_22104021.jpg


↓吾妻小富士の裏側
f0229574_2212283.jpg



今回は、残雪があって少し大変でしたが、夏とはまた少し違う自然を見ることができました。

今年もまだまだたくさん登山しますんで、楽しみにしていてください。

ではノシ
[PR]

by katochannature | 2012-06-08 22:18 | 登山・climbing

ふっっじさんだぁぁー(?) 後編

かなーりお待たせしました。富士登山後編です。


くぐりました!(涙)
f0229574_18304280.jpg


いやー、感動ですねー。泣きませんでしたけど(笑)

上から見ると、結構登ってきたんですね。
f0229574_18314894.jpg


ここが山頂・・・ではないんですが、パチリ
f0229574_18344258.jpg



「さて、上まで登ったことだし、お鉢巡りでもしますか。」
ふつうの人だったらこんなことを考えるでしょう。

私も同じことを考えました。

しかし!お鉢巡りは考えていたほど甘くはありませんでした。

1,これまでの登山で体はボロボロ
2,空気が薄い・いつ高山病になってもおかしくない

ここまでは登る前から想像できたのですが、

3,「お鉢」のふち≠平坦

これを忘れていました。


そんな状態でお鉢巡りに行ったので、結果としては地獄巡りになりました(笑)



ま、なんだかんだいいながらもお鉢は巡りました。
f0229574_18471852.jpg



山頂にある気象観測所です。
f0229574_18453344.jpg


遠くから見るとこんな感じ
f0229574_18464715.jpg


ここの前に、富士山の山頂「3776」があります。
f0229574_18491765.jpg



そんな感じで無事、富士を登頂しました。


下山はひたすら砂利道を下っていくだけだった+写真をとる気力がなかったんで割愛します。



反省としては、体力がなかったことですかね。

もっと体力つけて山登りしたいです。

ってことで、明日からトレーニングをし(ry・・・がんばります!

ではではノシ
[PR]

by katochannature | 2012-02-29 18:55 | 登山・climbing

ふっっじさんだぁぁー(笑) 前編

こんにちは。

最近ブログを書くのをさぼり気味だったので、ネタがたまってしまいました。

実は、8月に、富士山に登ってきました。


これで、今日からおまえは”ふっっじさんだぁぁー”(笑)
f0229574_1882941.jpg











はい。ネタにお付き合いいただきありがとうございました。

さて、ここからはマジです。

8月11日、ここ福島を出発して、山梨のキャンプ場に向かいました。

ただし!鈍行で(爆)
(7時発で14時着ぐらいでした。)


登るのは、2日目です。


それで、2日目。朝3時半に起きて準備をして、出発です!

現在、富士スカイラインは、一般車は通行不可となっているので、バスに乗って5合目まで行きます。

それで、5合目です↓  っていきなり雲海!?

f0229574_18102286.jpg


そして、それから振り返ると、マジでふっっじさんだぁぁー(笑)  でも、なんか小さいような・・・

f0229574_18105253.jpg


まっ、小さいのは気のせいでしょう。

そんなこんなで、登り始めますが、パーティーの1人がすでに頭痛orz
(高山病は標高約2400メートル以上から発症します。が、個人差もあります。)

でも、登りました。

こんな感じで登っていきますが、先が長い・・・  たしか看板には頂上まで380分と書いてあったような・・・

f0229574_18112882.jpg




ここからは、とにかく苦しいです。下を向けば石。上を見れば山と青空。振り返れば雲海。

こんな、最高の眺めも、苦しさでなんだかよく分からなくなってきます。

f0229574_18123156.jpg


それで、歩き続けると・・・

6合目
f0229574_1813095.jpg


7合目
f0229574_1813361.jpg


8合目
f0229574_1814741.jpg


この辺になると、多くの人が頭痛を感じ始めるようです。(僕は大丈夫でした。)
f0229574_18143768.jpg


8,5合目くらいになってくると、もう登るのが苦しくて、10メートル行っては休む、の繰り返しになってきます。

後もう少し!

9合目
もう登ってんだかなんだかわかんなくなってきます。

f0229574_18145993.jpg


あと一息・・・ が長い(泣)

f0229574_18153338.jpg



そして・・・

f0229574_1816160.jpg


おお!目の前に・・・

f0229574_18163385.jpg



~後半に続く
[PR]

by katochannature | 2011-11-27 10:00 | 登山・climbing

登ってきました!

はい、前の記事の続きです。

それで、次の日ですが、4時起きです!(爆)

半分意識がないままお湯を沸かして、朝食を作りました。インスタントですが・・・

f0229574_22411326.jpg


温かい朝食をかき込んでから、ささっと片付けをして、出発です!確か6時だったかな?

そういえば、泊まった避難小屋です↓

f0229574_22443095.jpg



さて、この木道を歩いていくのですが・・・先が見えません(泣)

これからの登る山はどれかな?

f0229574_22454738.jpg



まあ、そんなことを考えながら登ってたわけですが、腹が・・・キリキリ・・・うぅぅ(汗)・・・






はい、なんか頂上に着いていました(笑) ヒジョーに見晴らしが悪いです。(というか何も見えません)

f0229574_22492296.jpg



なんだかブルーになってしまいましたが、そんなことは言ってられません。

これからが本番です。

~~~~~~~中略~~~~~~~~

さて、中略の間に何があったか・・・というのは置いておいて、滑川温泉に着きました。

f0229574_2254631.jpg


一汗流して、と思いましたが、そのまま下山(泣)


そんなこんなで、無事に帰ってくることができました。


次はどこの山に登ろうかな~♪
[PR]

by katochannature | 2011-10-31 22:57 | 登山・climbing

東吾妻に

どうも、こんにちは。そして、超お久しぶりです。

ここ最近忙しいので、更新日時と内容が、5月半くらいずれてるような気がします(爆)

そんなことも気にせず、6月の18日に1泊2日で山に登ってきました。

実は、泊まりで登山をするのは初めてでした。



今回のルートは、浄土平を出発して谷地平で1泊、2日目は東大嶺に登り、そのまま滑川温泉に下りるというものでした。
全行程約18キロ、アップダウンは1000メートル近い厳しいコースでした。

f0229574_22161080.jpg

f0229574_22163243.jpg

注:コースは下→上です。
  赤線は、実際のコースとは一部異なります。




今回は泊まりがけなので、メインザック行動でした。これが重かったこと・・・

浄土平から登山道に入って、とにかく歩きます。
それから歩くこと3時間、谷地平に出ました。
今夜は雨が降っていたので、避難小屋に泊まりました。
[PR]

by katochannature | 2011-10-31 22:36 | 登山・climbing